ドラフト会議を見てるとプロ野球のスカウトって大した仕事じゃなさそうに思える

ドラフト会議を見てるとプロ野球のスカウトって大した仕事じゃなさそうに思える
ドラフト会議を見てるとプロ野球のスカウトって大した仕事じゃなさそうに思える

毎年10月末にドラフト会議が行われる。2019年は10月17日(木)開催予定。僕はドラフト会議自体に反対だが、それ以外にも毎年疑問に思うことがある。その疑問というのはこれ。

スカウトって役に立ってるの?

長年の経験と勘はないのか

スカウトの仕事というのは主に全国から情報を集めて、チームが必要としているタイプの選手を探してくることだと思う(よくは知らないが)。

彼らが具体的に毎日どのように過ごしているのかはわからないが、ドラフト会議を見る限り経験と勘に基づいた選手を見る目なんかないんじゃないかと思うのである。野球ファン目線と大して変わらない気がしてしまう。その理由を書く。

人気の選手ばかり指名される

ドラフト会議の一位指名一巡目には世間でも人気のある選手が複数球団から指名されるのがお決まりのパターン。

一巡目のくじ引きをはずした球団はさらに二順目でも似たような選手を指名してまた競合する。

今年(2018年)は大阪桐蔭の根尾・藤原両選手、報徳学園の小園選手が複数球団競合でくじ引きとなった。三人ともドラフト前からメディアによく名前が出ていた人気選手。

もしスカウトにある程度素質を見抜く力があって自信を持って球団に獲得を進言できる選手がいるなら有名人気選手ばかり上位指名されるのはおかしい。

無名選手の中にも素質のある選手は確実にいるからだ。無名選手は後でも残ってる可能性が高いから、とりあえず先に人気選手を指名しとけというのはあるかもしれない。

でも100%残ってるとは限らないのだからスカウトに自信があるのなら、やはり無名でも見込みのある選手を先に取るべきだと思う。

人気選手ばかり指名するならもうネットで調べるだけでいいじゃん。

過去の例を見てみる

2006年のドラフトで巨人は堂上直倫を指名したが外れたので坂本勇人を獲得。プロ入り後の二人の成績は比較不能なレベルで坂本勇人が圧倒的に上。堂上は中日に入ったがレギュラーですらない。

2010年のドラフトでは斉藤佑樹が四球団競合の末日本ハムへ入団したが、プロ入り後は鳴かず飛ばずでいまだに現役なのが不思議なほど。

この時競合のひとつだったヤクルトはその後もう一回くじをはずして最終的に山田哲人を一位で獲得。プロ入り後の山田哲人はトリプルスリー三度の大活躍で、人気・実力ともにヤクルトのナンバーワン選手となった。

2012年のドラフトでは広島が鈴木誠也を二位で獲得したが、その年広島が鈴木よりも上位で指名した三名(くじ引きではずした二名を含む)よりも圧倒的に活躍している。

スカウトの力量を疑ってしまう

2010年は斉藤佑樹が本当に人気があったから、ヤクルトが実力度外視で取りにいったのも理解できる。だが斉藤の後にもう一回別の選手(塩見貴洋)を指名して結局はずして山田哲人はその後。

できれば投手が欲しかったとしても、スカウトが山田哲人の素質に自信を持っていたなら少なくとも斉藤の次には指名した方が良かったんじゃないかと思う。

鈴木誠也は惜しかった

僕は巨人ファンなので特に地元東京出身の鈴木誠也を巨人のスカウトがマークしていなかったことが残念でならない。なぜ広島なのか。

2012年ドラフトの巨人の一位は菅野だったからそれは仕方ないにしても、目をつけておけば二位で鈴木誠也を取れたかもしれないのに。候補にも挙がってなかったとしたらスカウトが無能すぎる。

感想まとめ

結局ドラフトの当たりはずれは毎年どのチームも似たようなもん。上位指名が活躍するとは限らないし下位指名が活躍する場合もある。

そうなるとやはりスカウトには長年の経験と勘に基づいた素質を見抜く目などというものは特になくて、そこらの野球ファンと大して変わらないように思えてしまう。

まあプロ野球の場合は実力と同じぐらい人気も重要だから、スカウトがいくら進言しても経営側が了承しないこともあるだろうけど。

ドラフト会議廃止についてはこちらを参照

スポーツカテゴリの最新記事