検索支援ツールChromeのスーパードラッグを使ってみた感想[Chrome]

ドラッグ・アンド・ドロップで簡単検索するための拡張機能

パソコンで作業をしているとネットでテキスト(文字列)を検索する機会が多い。なるべく簡単に効率よく検索したいので検索支援用の拡張機能(アドオン)を利用している。

これまで検索支援アドオンをいろいろ試したのだが、この記事ではドラッグ・アンド・ドロップで簡単にテキストを検索できるChromeの拡張機能「Google Chromeのスーパードラッグ」を使用した感想を書く。

このアドオンはChrome版のみでFirefox版はない。
»Google Chromeのスーパードラッグ(Chrome)

スポンサーリンク

ドラッグ・アンド・ドロップで検索

ブラウジング中の検索方法はとてもシンプル。テキスト(文字列)を選択してどこでもいいのでドラッグアンドドロップするだけ。そうすると新規タブで検索結果が開く。

テキストリンクの場合は選択せずにドラッグすると新規タブでリンク先が開く。

検索エンジンの設定方法

スーパードラッグには設定画面は特にない。Chromeウィンドウの右上に表示されるアドオンのアイコンからプルダウンメニューが出るので、そこから検索エンジンを選ぶだけ。タブを前面かバックグラウンド(背面)のどちらで開くかも選択できる。
検索支援ツールChromeのスーパードラッグを使ってみた感想[Chrome]

お察しの通りこの検索支援ツールは検索サイトをひとつしか設定できない。しかも予め決められた5個のうちから選ぶだけでカスタムは不可。ちなみにリストにあるYahooというのは米国のヤフー。

このアドオンを使った感想

優れている点:シンプルで簡単

このアドオンの利点はとにかく設定も操作も簡単という点に尽きる。自分でURLをコピペする必要もなく面倒な設定作業は一切ない。とにかくシンプルな検索支援ツールである。

不満な点:登録可能な検索サイトがたったひとつ

不満は設定できる検索サイトがたったのひとつということ。しかもカスタマイズはできず、あらかじめ決められている5つのサイトから選ぶ。

その5つのサイトにはロシアのヤンデックス、中国のバイドゥ、米国ヤフーと日本ではまず使わないサイトが含まれている。このアドオンを日本で使うならGoogleかBingの二択。

あとこのアドオンがオンになっているとワードプレスで記事作成中にドラッグでの画像追加ができなかった。そういう時はアドオンのプルダウンメニューにDisable on this pageというのがあるのでそれを押す。

結論

利用できるサイトがたったひとつじゃ初心者ですら使う気にならないと思う。こんなクソアドオンをなんのために公開しているのか意味不明。どんなレベルの人にもおすすめできない。使う価値なし。

検索アドオン比較一覧を見る
一番おすすめの高機能検索支援アドオンはこちら!
スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket


あわせて読みたい