【GIMP】コピペした画像を新規レイヤーにする方法

【GIMP】コピペした画像を新規レイヤーにする方法
コンピュータ

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

最近画像編集を古いフォトショップからGIMP(2.10.4)へ移行しているのだが、やりたくてもできなかったことがあったのでその内容と解決策を書く。

やりたかったのは「キャンバスにコピペした画像がそのまま新規レイヤーになる」ということ。

普通にコピペすると新規レイヤーができない

フォトショップではキャンバスに画像をペーストするとその都度新規レイヤーになるが、GIMPでは全部同じレイヤーにペーストされてしまう。それだと個別に動かせなくて困る

例えば下のような画像である。別々の三枚の画像から一部を切り抜いてキャンバスに並べた状態。
[GIMP]コピペした画像はそのまま新規レイヤーになってくれ!
普通にコピペすると三枚の画像が同じレイヤーになってしまう。
[GIMP]コピペした画像はそのまま新規レイヤーになってくれ!

コピペごとに新規レイヤーを作る方法

コピーした画像をキャンバスにペーストするとき普通にペーストするのではなくメニューの「編集>クリップボードから生成>レイヤー」を選ぶとコピーした画像が新規レイヤーになる。ペーストしたい画像が三枚あるなら三度この作業を行う。
[GIMP]コピペした画像はそのまま新規レイヤーになってくれ!

これでコピーした画像をキャンバスに貼り付ける際に、その都度新規レイヤーを作ることができるようになった。
[GIMP]コピペした画像はそのまま新規レイヤーになってくれ!

コピーデータから画像を作る時も同じ手順

スクリーンショットなどコピーしたデータをGIMPで画像にする時もこの手順を使う。

ファイル>新しい画像(Ctrl+N)で新規キャンバスを作ると初期設定の大きさになってしまい、そこにデータをペーストすると余白ができる(もしくは大きさが足りない)。

コピーデータぴったりのサイズの画像を作るにはメニューから「編集>クリップボードから生成>画像」を選ぶ。そうすると余白のないぴったりの画像ファイルが生成される。

感想まとめ

ペーストすると新規レイヤーが作られるのはフォトショップでは普通なのだが、GIMPでは異なる方法を取らなければならない。だが実現可能だったので助かった。

画像ファイルを作る時もフォトショップではメニューから新規作成を選ぶと自動的にコピーデータと同じ大きさの空キャンバスが生成されたので、そこにペーストすればぴったりのファイルができた。これも方法は違うがGIMPでも実現できた。

フォトショップに慣れているのでGIMP方式はちょっと複雑だなと感じてしまう。克服するにはもっとGIMPを使って操作に慣れるしかない。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

ブログとネットカテゴリの最新記事