野球の敬遠・四死球は走者も進塁するようにルール改正すべき

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

僕は中レベルの野球好きだが試合を見ててまったく解せないのが敬遠・四死球(フォアボール、デッドボール)のルールである。

何のリスクもない敬遠・四死球で守備側が簡単にピンチを回避できてしまうのがおかしいと思うし、野球関係者がそれを批判しないのも理解できない。

敬遠・四死球はルール変更が必要

敬遠・四死球というのは以下のいずれかに該当する場合、打者が自動的に一塁へ進塁するルールである。

  • ボールカウントが四つになる(四球)
  • 投球が打者に当たる(死球)
  • 球を投げずに打者を一塁に歩かせる(申告敬遠)

申告敬遠は言うまでもないが四球も死球も、打者との勝負を避けるために守備側が意図的に(もしくはそれに近い状態で)出すのである。

勝負を避ける理由はピンチに安打(ヒット)を打たれると相手に点が入るから、なるべく打撃成績の悪い打者と勝負をするためである。

敬遠・四死球は守備側にリスクがない!

僕が特に問題視するのは走者(ランナー)が二塁か三塁、もしくはその両方にいる攻撃側チャンス時(守備側ピンチ時)である。

攻撃側は安打が出れば得点できるが敬遠・四死球だと塁上の走者は進塁できず打者が一塁に進むだけ。敬遠・四死球を出した投手は、打者との勝負に事実上負けたにもかかわらず相手のチャンスをつぶすことができるというおかしな状態になる。

次の打者が投手だと大抵アウトにできるから、守備側は得点されるリスクを敬遠・四死球ひとつで何の犠牲もなくまんまと回避できてしまうのだ。それでスリーアウトになる場合は特にその効果は大きい。

走者二、三塁のピンチを敬遠・四死球のようなほぼリスクのない方法で回避できてしまうのはルールの欠陥だと思うし、ルールで認められているとしても卑怯な作戦であることには変わりない。勝ち負けが重要なのはわかるがスポーツマン精神に反しているし、エンターテイメント性も完全無視でファンのことを考えていない。

スポンサーリンク

敬遠・四死球は安打相当とすべき

打者との勝負に戦わずして負けることを選んだ守備側に犠牲がないのはおかしい。ヒットを期待できる強打者が一塁へ進むだけというのは攻撃側にはメリットがない。特に足の遅いホームランバッターなんか一塁にいてもしょうがない。勝負に負けたのは守備側なのに得するのも守備側というのが理解できない。普通は勝負に負けた方がピンチになるんじゃないの?

守備側がピンチを安易に敬遠・四死球で逃げられないようにするには、敬遠・四死球を安打相当として走者が進塁できるようにするのが良いと思う。敬遠・四死球の場合は二塁走者は三塁へ進み、三塁走者はホームに帰ってくるのである。一点を争う試合なら特に効き目は大きい。

スピード感と緊張感が出る

四死球・敬遠でも走者が進塁できるようにすればアホみたいな敬遠が減って、今よりも試合にスピード感と緊張感が生まれる。真剣勝負が増えればファンは今より楽しめる。敬遠・四死球での走者進塁はタイブレークなんかより先に導入すべきである。

テレビで試合を見てると解説も「一塁が空いてますから無理して勝負しないでしょう」などとぬるいことを言っているが聞くたびにアホかと思う。送りバントを批判する人はいても敬遠・四死球を批判する人がいないのも不思議。ピンチのたびに決まりごとのように必ず敬遠するのは見ててイラっとする。

ひいきのチームがピンチだとしても敬遠はしないでくれと思う。ベテランファンは知らんがライト層は敬遠なんか見てもしらけるだけ。野球はただでさえルールが複雑で時間が長くてライト層がとっつきにくいんだから、幅広い層にアピールするためにもっとスピード感を持たせて動きのある試合展開を心がけるべき。

感想まとめ

敬遠・四死球での走者進塁は試合に動きを持たせる良いルールだと思うが、まずメジャーで採用されない限り日本で実現することはないだろう。だからメジャーリーグにも提案のメールを出そうと思っている。

結論:敬遠・四死球は攻撃側だけが損をして守備側にリスクがない欠陥ルールだから走者が進塁できるようルールを改正すべき。

スポンサーリンク



あわせて読みたい