Chrome68がとうとうリリースされたぞ!全httpサイトに警告を表示

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

米国時間の2018年7月24日にGoogleのウェブブラウザであるChrome(クロム)のバージョン68がリリースされた。

僕も朝起きてからPCを動かしたらアップデートされた。リリース前から周知されていたが旧バージョンとの決定的な違いはこれ。

すべてのhttpサイトに「保護されていません」と警告が表示されるようになった!

なんかやばそうじゃない?

警告はアドレスバーにこのように表示される(サンプル画像はいまだにhttpで頑張ってるニコニコ動画のアドレスバー)。

Chrome68がとうとうリリースされたぞ!全httpサイトに警告を表示

常時SSL化(https化)がされているサイトはこんな感じで安心(ヤフーのアドレスバー)。

Chrome68がとうとうリリースされたぞ!全httpサイトに警告を表示

これまでは主にhttpサイトでフォームに入力しようとするとこの警告が表示されていたが、バージョン68からはフォームの有無は関係なく全httpサイトに「保護されていません」が表示される。

今後の表示の進化

今後はすべてのhttpサイトに表示されるとのことだから、ネットに詳しくない人なんかは特に「危ないサイトなのかも」と思うようになるだろう。この表示のおかげで閲覧を躊躇してしまう人が増えるはず。

今回のバージョン68では黒字で「保護されていません」というのが表示されているが、2018年10月リリース予定のChrome70では警告の文字が赤字になるとのこと。ますます危険度が増す印象。

最終的にはhttpサイトは閲覧前に警告ページが表示されるか、もしくは接続不能になるのではなかろうか。

スポンサーリンク

https化以外に選択肢はない

この警告が出始めたころはまだhttps化の手順に関する情報も少なく追加費用もかかったから、やっかいなのがはやりだしたなと思ったが自分ではやるつもりはなかった。

だがここまで普及してGoogleの評価にも関わるとなると、自サイトのhttps化はもはや避けられない。当ブログも重い腰を上げて一ヶ月ほど前にようやくhttps化を達成した。»[参考]HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

今やどのレンタルサーバーでも追加料金なしで簡単にhttps化できるはずである。ワードプレスユーザーはhttps化しない手はない。2ch(5ch)まとめの多い無法地帯ライブドアブログはいまだにhttps化に着手しておらずご愁傷様である。

感想まとめ

全httpサイトで「保護されていません」の警告が表示されるようになると言われていたChrome68がとうとうリリースされてしまった。アップデート後、実際に良く見るhttpサイトをいくつか見てみたら確かに全部で警告が表示されるようになっていた(昨日まではされていなかった)。

僕は正直なところ技術的なことはよくわからないのだが、Googleがここまでこだわるからには安全のために必要とされている技術だということなのだろう。

Googleがhttpよりもhttpsを評価するとのことだから、httpで運用している人は例外なく今すぐhttps化すべきである。そうしないとそのうち検索から消されそう。どんな事情があろうとも2018年10月リリース予定のChrome70までにはhttps化を実現しよう。

でも今のところはhttpsじゃないサイトも結構検索上位に出てくる印象。当サイトとは別に運営しているサイトも、https化していないライバルサイトの記事にちょいちょい順位で負けてるのが気に食わない。

もう「保護されていません」じゃなくて「危険サイトです」ぐらい表示してほしいわ。ここまで来たらGoogleにはhttpサイト排除を徹底してほしいものである。

スポンサーリンク



あわせて読みたい