大谷翔平にはガンガン英語を喋ってほしい

大谷翔平にはガンガン英語を喋ってほしい

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

メジャーリーグエンジェルスの二刀流選手大谷翔平が大活躍している。僕は野球観戦が趣味だがメジャーリーグにはこれまであまり関心がなかった。しかし今年一番の楽しみは大谷翔平選手の活躍を見ることである。

これを書いている時点で打者としては打率.389でホームラン三本の成績、投手としては二度先発して二度とも勝利投手になった。特に二勝目の試合は7回を被安打1の失点0と内容も非の打ち所がない。

メディアにちやほや持ち上げられてる大物の割には人間的にもしっかりしているようで、チャラチャラしてないというか自分に厳しい人というイメージで好印象である。

スポンサーリンク

他の選手との違いを見せつけててほしい

1995年の野茂英雄以降多くの日本人選手がメジャーに挑戦してきた。成功した選手もいるがどちらかというと通用しなかった選手の方が多いという印象。

大谷選手は成績については一定以上の実績を残すと思うが、僕はその他の点で他の日本人選手との違いを見せ付けてほしいと思っている。それは具体的に言うと公の場でも英語を喋ってほしいということ。

これまでメジャーに挑戦した選手でインタビューや会見で英語を喋ってた日本人選手は僕の記憶では長谷川滋利と川崎宗則の二人のみである。野茂、イチロー、松井あたりは成績も良かったから会見やインタビューをする機会も多かったが全部日本語で喋っていたはず。

野茂英雄がアメリカに渡る時に記者に英語について聞かれた時に、野球をしに行くのであって英語を喋りに行くのではないと言っていたそうだが英語を喋れるに越したことはない。野茂本人だって英語に自信があれば英語で喋っていただろう。イチローなんてもう15年以上アメリカで生活してるわけだから英語力も相当あると思う。

細かいニュアンスが間違って伝わると困るから日本語で会見を行うと言う話を聞いたことがあるが別に少しぐらい間違っても良いと思う。政治家の国際会議だったらそれじゃ困るかもしれないが野球選手なら問題が起きることも少ないと思うし、どうしても細かく説明したいときだけ日本語で喋るとかじゃダメなのだろうか。

大谷選手は新しいことにも物怖じしないで挑戦できるタイプのようだから、へたくそでもいいからどんどん英語で喋ってほしい。プレー同様そんじょそこらの日本人選手とは違うのだというところを見せ付けてほしいものである。入団会見の時一瞬だけ喋った英語の発音を聞く限りは英語の勉強してるんだなと思った。完全なカタカナ英語じゃなかったし。

ちなみに英語を喋れるようになったらアメリカ人の女性と結婚してほしいとも思う。とにかくアメリカで野球をするなら英語を喋った方がより一層ファンに愛されることは間違いない。野球じゃないけどサッカーの中田英寿はイタリア語で喋ってたよね。

関係ないが僕は昔アメリカで学校に通っていたが英語を喋らないで乗り切るなんてことは不可能だった。英語が下手でもクラスの前で喋らなきゃならないことも何度もあった。しかし下手な英語でも必死にやってるのが伝わるから普通のアメリカ人は意外と暖かく見守ってくれるのである。

大谷選手にはこれまでの日本人選手とは格が違うところを見せ付けてほしいものだ。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

スポーツカテゴリの最新記事