フリッカーのアカウント削除に苦労した件

フリッカーのアカウント削除に苦労した件

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

フリッカー(flickr)というサイトがある。米ヤフーのグループ企業で自分で撮った写真を公開することができるサイトである。

プロの写真家も多く利用しておりクオリティの高い写真が多く公開されている(写真は勝手に使っていいという意味ではない)。ツイッターやインスタグラムなどの日常の風景を上げるサイトとは少し異なる。

自分もアカウントを作ったがその後削除

自分も(へたくそだが)写真を公開しようと思い2011年にフリッカーのアカウントを作った。

フリッカーのアカウントを作るにはヤフーアメリカのアカウントを作らなければならなかったのでまずヤフーアメリカのアカウントを取得。全部英語だったが特に難しいことはなかった。

その後フリッカーはあまり使わなくなったので2013年にアカウントを削除しようと思い、フリッカーの大元である米ヤフーのアカウントを削除した。そうすれば自動的にフリッカー上の写真とアカウントそのものが削除されるだろうと考えたからだ。

しかし最近ふと検索してみるとヤフーアメリカのアカウントは削除されたのにフリッカーアカウントは削除されていなかった。もちろん写真もそのまま残っておりGoogleで検索すると自分のフリッカー写真がたくさん出てきた。

スポンサーリンク

ログインできないので消せない写真

フリッカーにヒモ付けされていた米ヤフーのメールアカウントはすでに削除してあるのでフリッカーにログインできない。しかしフリッカーの写真は残っている。

当時ログインに使っていた米ヤフーアカウントと同じユーザーネームで再度米ヤフーアカウントを取得しようと思い試したら取得できた。これでフリッカーにログインしようとしたが別アカウントと認識されできなかった。

米ヤフーに問い合わせようとしたが

残るはフリッカーアカウントを削除する方法を米ヤフーに直接問い合わせるしかないと思ったが、米ヤフーを見てもフリッカーを見ても問い合わせ先がない。

ヘルプらしき箇所を見るとどこを見ても最終的にはフォーラムで聞けみたいなことが書かれている。フォーラムでは解決できないと思ったので正直あきらめかけた。

しかしフリッカーヘルプのツイッターアカウントを発見。ログインのトラブルはDMを送れと書いてあるではないか。固定されたツイートには問い合わせフォームのショートURLも貼られていた。

すぐに説明するテキストを英語で書いてDMと問い合わせフォーム両方に送った。そうしたらどちらも1営業日ほどで返事が来た。

DMの返事の方に「あなたのフリッカーアカウントは削除しておきました」と書かれていた。確認したらすでに消えていた。問い合わせフォームの方の返事にはツイッターのDMで対処してもらいましたという旨を返事しておいた。

感想まとめ

フリッカー削除はなかばあきらめていたがなんとか達成できた。

米ヤフーも今はアカウント削除するとフリッカーやタンブラーなどの関連サービスも一緒に削除されるっぽいが、できればまず関連サービスを削除してから大元の米ヤフーアカウントを削除した方が無難である。

ちなみにGoogleのアカウントを削除する時はちゃんとGoogleプラスなど関連サービスも削除されますけどよろしいですか?といった内容の警告が出た。

フェイスブックも一時期の勢いを失いつつあるしプライバシー保護が強化されつつある昨今なので昔アップした写真などはできる限りネットから消しておくべきだろう。

しかし大した確認もされずにアカウントを削除された。自分はこれで良かったが悪意を持ったユーザーに偽の削除申請されるケースなんかもありそう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

ブログとネットカテゴリの最新記事