転校はつらいけど頑張って友達を作ろう

転校はつらいけど頑張って友達を作ろう
小学生

僕は小さい頃から引越しが多く小中高と転校を経験した。

高校も引越しだよ?せっかく受験して入った高校をだよ?もう容赦ない。

昔は今ほど単身赴任が一般的じゃなかったから3年に1回ぐらい家族で大移動していた。

大変なのは友達作り

学校が変わると一から友達を作らなければならないのがとにかく煩わしい。この労力は並大抵ではなかった。

一番つらかったのは関東から関西に引っ越した時で、もちろん関西弁なんか喋れないから最初は標準語を喋るのだが「○○だよ」などと言うだけで「おまえ女かー」とおちょくられた。逆に関西から関東に戻った時は今度は関西弁をバカにされた。

謎の転校生などとチヤホヤされるのは美男美女に限る。一般人は転校生としての特別扱いはせいぜい最初の一日ぐらいである。

スポンサーリンク

中間層の友達を作ろう

僕のような凡人にとって友人を作るのはなかなか大変だったが、どこにいっても話しかけてきてくれるクラスメートがいくらかいたのでなんとか少数ながら友人を得ることができていた。

友達を作る際は自分から話しかけることも必要だが、話しかける相手はあたりさわりのない学内ヒエラルキー(階層)の中間層がおすすめ。

ヒエラルキー上層は遊びが派手だったりいじめを行っているなど素行が悪くトラブルが発生する可能性もあるので、よほど気が合う以外はあまり気にかけない方がよい。

特に不良グループとの付き合いはヘタをすれば犯罪に巻き込まれる可能性もあるし、付き合いが嫌になってもなかなかグループから抜け出せないこともあり得る。両親が共働きの場合は困っていても気付いてもらえず、最悪川崎事件のようなことにもなりかねない。

君が転校生を迎える立場だったら

転校生は見知らぬ土地で知り合いが一人もいない。その心細さといったら半端ない。

そんな転校生には君が優しく話しかけてあげよう。無事クラスに溶け込めるように誘導してあげるとよいだろう。

友達として付き合い始めてもし合わないようであれば必要以上に親しくする必要はないが最初は助けてあげてほしい。すごく助かるしうれしい。

感想まとめ

子供の頃は引越しがない人が本当にうらやましかった。自分の運命を呪いもした。今でも引越しは一度もなければその方がよかったと思う。

とにかく小中のうちは特に勉学や部活に打ち込める環境を整えるために、できる限りおだやかで優しい人種と交流を持つのがよいだろう。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

雑記カテゴリの最新記事