こうだったのか!プロ野球の仕組みを簡単に説明しよう!2018年版

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

僕はプロ野球が好きで巨人を応援している。

せっかくなので新たにプロ野球を見てみようという初心者向けに、その仕組みを簡単に説明したいと思う(2018年版)。

プロ野球の仕組みはJリーグに比べるとかなり単純なので、サッカーよりもとっつきやすいと思う。

プロ野球の概要:2018年版

最初に結論を言うと12チームが日本一を目指して戦うのがプロ野球である。

プロ野球1シーズンのおおまかな流れ
(1)リーグ戦(主に4月~10月)
(2)クライマックスシリーズ(短期戦)
(3)日本シリーズ(短期戦)

リーグ戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズの順に開催される。弱いチームは各段階で脱落して日本シリーズには2チームのみが出場できる。

日本シリーズに勝ったチームが日本一である。

スポンサーリンク

プロ野球の組織

日本のプロ野球は全12チームで構成されており、6チームづつセリーグとパリーグに別れている。

セリーグとパリーグは地域で別れているわけではなく、どちらのリーグのチームも本拠地は全国主要都市に散らばっている。

リーグ戦

リーグ戦の目的はクライマックスシリーズ出場チームを決めること。

試合数は各チーム同じで同一リーグの5チームとそれぞれ25回対戦(全125試合)、別リーグ6チームとの交流戦が各3試合(全18試合)の合計143試合(個人的には143試合というのは多すぎると思う)。

この143試合は2018年の場合3月30日(金)に第一試合が開催され、10月2日(火)にパリーグの2試合が開催されて終了する予定である。

リーグ戦全143試合が終了すると各リーグ6チーム中の上位3チームがクライマックスシリーズに進むことができる

143試合を戦って勝率で首位に立つとリーグ優勝と呼ばれるが、実際は優勝というより単にリーグ戦一位通過しただけなのである。

なぜならリーグ戦の次に開催されるクライマックスシリーズを勝ち抜かないと、日本一決定戦の日本シリーズに出場できないからだ。

クライマックスシリーズ(CS)

クライマックスシリーズの目的は日本シリーズ出場チームを決めること。

クライマックスシリーズ(CS)は2007年から導入された比較的新しいシステムである。CSは各リーグで別々に行われるトーナメント戦で、出場チームは各リーグともリーグ戦の上位3チーム。リーグ戦勝率2位と3位のチームがまずファーストステージ(2試合先勝3試合制)を戦う。

ファーストステージを勝ったチームがリーグ戦首位のチームとファイナルステージ(6試合制)を戦う。リーグ戦首位のチームは1勝のアドバンテージが与えられる。

各リーグのファイナルステージを勝った1チームのみが日本シリーズに出場できる。2018年のクライマックスシリーズは10月13日(土)から始まる予定。

日本シリーズ

日本シリーズの目的は日本一のチームを決めることである。

日本シリーズは両リーグのクライマックスシリーズを勝ち抜いたチームが7回戦制で戦うシリーズで先に4勝した方が日本一となる。全12チームの唯一の目標が日本シリーズに出場して勝利することである。2018年は10月27日(土)から開催される予定。

2017年は福岡を本拠地とするパリーグのソフトバンクホークスが日本一となった。

感想まとめ

プロ野球は12チームが日本一という唯一の目標に向かって戦うという仕組みがわかりやすい(Jリーグのように複数のタイトルがない)。

ただしリーグ戦を143試合もやって最終的に首位に立ってもクライマックスシリーズという短期戦に勝ち抜かないと、日本一決定戦である日本シリーズに即出られるわけではないのがばかばかしい。一体143試合も戦ったのはなんだったのかと言いたくなる。

仮にリーグ戦で圧倒的首位に立ったとしても運悪くクライマックスシリーズで負ければ日本シリーズに出られないのだ。リーグ戦3位のDeNAにCSで負けた2017年の広島カープがまさにそれだった。

昔はクライマックスシリーズがなくセパ両リーグのリーグ戦一位のチーム同士で日本シリーズを行っていたので、リーグ戦も日本シリーズも間違いなく今より権威があった。

あと野球は試合のルールがサッカーに比べて難しいと思う。フライの場合は走ってはいけない、フォースアウト、スリーバント失敗アウト等、初心者には説明が必要なことが多くある。

個人的にプロ野球で一番問題だと思うのは試合時間が長いことだ。2017年の一試合平均時間は3時間8分である(体感的にはもっと長く感じる)。2時間弱で終わるサッカーに比べると非常に長い。

でも野球はサッカーに比べて成績の数値化が豊富なので、好きな選手を作って投手なら勝利数、打者なら打率やホームラン数などに注目しながら応援すると楽しいだろう。

ルール関係でもう少しつっこんだことを書いてあるこちらの記事もどうぞ。


スポンサーリンク



あわせて読みたい