動物園・水族館は本当に必要なのか

こんにちは。フライ(@flyingfry)です。

上野動物園に行ってきた!

なのだが僕は動物園が苦手である。狭い檻の中で飼われている動物たちがかわいそうで見てられないというのがその理由。わけあって上野動物園に行ったが全然楽しめなかったし後悔した。

年がら年中人の目にさらされていてはいくら動物でもストレスを感じるだろう。人間の娯楽や研究のためにどこからか連れてこられて一生見世物にされる生活はつらそう。

サーカスや水族館のイルカショーなどで芸を披露する動物もいるがああいうのはもっとひどい。特に象やライオンなど芸をしこまれる陸上動物の悲壮感ははんぱない。

ライオン@上野動物園

サーカスなんて飼育環境も悪そうだし、とんがった金属がついた棒で虐待されてるなんて話も聞くし。人間が空中ブランコとかやってりゃいーじゃん。

沖縄でもハブ対マングースの戦いは動物愛護的理由でだいぶ前から廃止になっている。イルカショーもサーカスももう廃止でいいよ。

ゴリラは人間的すぎる

僕が動物の中で一番好きなのはゴリラである。あの気は優しくて力持ち的な風格がいい。でも正直ゴリラは動物に見えない。

ゴリラは見れば見るほど人間ぽい。お尻が丸見えだが裸でいるのが変に思えるほど人間に見える。そんなわけでゴリラを見てる時は、こんなの見世物にしていいの?と思い特に悲しくなる。

ゴリラ@上野動物園

ネットの映像ではダメなのか?

人間は町で生活するのが自然だが、動物はやはり自然の中で生活するのが自然だろう。狭いせいか動物園の動物は生き生きしてない気がする。

娯楽の少なかった昔は動物園も必要だったのかもしれないが、今やネットでいろんな映像が見れるから、動物も映像で見ればいいのではなかろうか。わざわざ実物を見る必要はないと思う。

ちなみにYouTubeでゴリラと調べると約339,000件出てくる。動物園で撮ったビデオも含まれるが野生のゴリラ映像もあるようだ。

研究目的で飼育が必要なら絶滅危惧種だけ、野生に近い状態で飼育できる場所を作ってそれで研究してほしい。狭い日本じゃ難しそうだが。

そもそも象やパンダの研究なんて日本人がする必要あるのかね。各生息地の研究者がやればいいし、どうしても研究したいなら日本人もそこに参加すればいい。

パンダ@上野動物園

なくても別に困らないでしょ

動物園や水族館なんて普通に生活してたら、人生においてそんなに行く機会ないでしょ。両方合わせてせいぜい5回ぐらい?なら元々なくても問題ない。

さらに、ネットで調べると動物園は赤字の所が多いらしいからなおさら廃止にした方がいいと思う。上野動物園も入園料600円だけでは維持できないということだ。

日本動物園水族館協会のサイトを見ると大小合わせて、動物園89ヶ所、水族館62ヶ所もあるらしい。多すぎだろ!

常識的に考えてこの数の動物園と水族館が、少ない予算と人員ですべての動物を完璧に飼育することは不可能である。劣悪な環境で飼育されている動物も多いはず。

動物の幸せを考えるならば動物園と水族館を合体した施設を東京と大阪に一箇所づつぐらい作れば十分。そうすれば今よりは人的・経済的資源を豊富に投入できるだろう。

でも僕は動物園・水族館反対派だから全廃が一番いいと思うけどね。

スポンサーリンク



あわせて読みたい