沖縄でトレッキングを楽しむ!ター滝で遊ぼう!

ター滝(沖縄県)

沖縄と言えば海で遊ぶのが常識だがそれ以外にも楽しめる場所がある。

その中でも沖縄北部やんばるでトレッキング(山歩き)と淡水での水遊びが楽しめるター滝がおすすめだぞ!

ター滝は入場料はかからないのでお財布に優しいレジャーである。

ター滝への行き方

那覇からは高速道路で許田ICまで行き58号線を北上し、大宜味村津波の平南橋を右折する。

時間は全部で1時間半から2時間といったところ。美ら海水族館よりもさらに北にあるので那覇から行く場合は時間的余裕を持って出かけよう。

58号線での右折ポイントは下のストリートビューの場所。水色と赤の置物が目印。

スポンサーリンク

ター滝入り口に到着

58号を右折してター滝入り口まで進むと無料で車を停められるスペースがあるのでそこに車を停めて川に入る(近くに有料駐車場もあるらしい)。

ター滝入り口

看板にある通り大雨の後は増水して危険なのでター滝トレッキングは中止にしよう。

ター滝入り口駐車場

ター滝トレッキングの注意点

ター滝までは歩いて約30分。

到着するまでに水に入る場所もある。岩の上を歩くこともあるので最低でも小学生以上ぐらいからが良い。幼稚園児以下には厳しいかもしれない。

服装は濡れても平気なハーフパンツ(もしくは水着)、子供は水着にTシャツで良いだろう。子供はライフジャケットがあればより安全である。

靴に関しては子供は特に濡れてもいいマリンシューズを履くことをおすすめする。岩の上を歩くこともあるので大人もビーチサンダルよりマリンシューズがおすすめ。

僕は普段からギョサンと呼ばれるすべりにくいビーチサンダルを履き慣れていたためそのスタイルで行ったが、慣れてない人はビーサンより転びにくいマリンシューズの方が絶対に良い。

上の写真の中にも書かれているが大雨の翌日などは増水していて危険なのでトレッキングは中止した方が良いだろう。

ター滝トレッキングへ行こう!

ター滝入り口はこんな感じ。

ター滝入り口(沖縄県)

親切に看板が吊り下げられている。

ター滝入り口標識(沖縄県)

小さな滝もある(これはター滝ではない)。

ター滝トレッキング(沖縄県)

歩きやすいようにロープが取付けられている場所もある。

ター滝トレッキング(沖縄県)

岩の上を歩く。

ター滝トレッキング(沖縄県)

ター滝に到着!

これがター滝です!大きい!

ター滝トレッキング(沖縄県)

動画だとこんな感じ。

滝の下のスペースで水遊びができる。この日は誰もいなかったが夏場は多くのトレッキング客が水遊びを楽しんでいることだろう。

海と違ってベタベタしないので終わった後はそのまま出かけても問題ない。

感想まとめ

海以外の自然を楽しみたい方にはおすすめのスポット。植物も本州とは違った南国風のものが多くて見ているだけで楽しめる。

那覇からだと若干距離があるのが難点といえば難点。美ら海水族館の途中にでも寄ってみてはいかがだろうか。

スポンサーリンク


広告
広告