キャバクラなんか行っても金と時間の無駄だぞ!

社会人になると夜の遊びとしてキャバクラがある。

先輩や上司に連れて行かれる人もいると思う。

でもあんなのは金と時間の無駄だから誘いを断ってさっさと家に帰ろう。

キャバクラってどんな店なの?

キャバクラというのは酒を飲みながら女性と会話をするだけの店である。

それ以上のサービスはない。

もちろん女性に触ってはいけない。

僕も若い頃に会社の先輩によく連れて行かれた。

連れて行かれたと言ってもおごりではなく割り勘だったが。

スポンサーリンク

基本料金だけではすまないシステム

料金体系は1時間5000円とか7000円とかの飲み放題。

ただし飲めるのは水割りのウィスキーのみ。

店に入ると席に案内され着飾った女性ホステスが隣に座る。

客一人に対して女性が一人、混んでくると客二人に対して女性一人になったりする。

会話が始まってしばらくすると飲み物を頼んでいいか女性に必ず訊かれる。

この飲み物の代金は客が支払うのだが雰囲気的に断ることはできない。

さらに半ば強制的につまみも頼むことになる。

つまみもナッツやポッキーといったできあえの安物が2000円や3000円するのだ。

カラオケを歌わされることもあるからカラオケ嫌いな人は注意!

タバコの煙もすごいからタバコ嫌いな人はさらに要注意。

気に入った女性と長く喋りたい場合は指名をしなければならない。

この指名料が1000円から3000円ほどかかる。

ただし指名しても女性が途中で退席する場合もある。

一回店に入ると1時間で帰ることはほとんどなく最低一回は延長する。

時間になったら声をかけてくれるようにボーイに言っておくのを忘れないように。

そうしないと知らない間に勝手に延長になってしまう。

外国人の店もある

フィリピンパブという店もある。

ホステスの女性が皆フィリピン人のキャバクラである。

フィリピンパブが好きな先輩によく連れて行かれた。

その先輩によると、彼女達は故郷の身内のために一生懸命働いて仕送りしているので応援したくなるのだと。

日本人のように計算高くなく親切で優しいのが良いそうだ。

僕は行ったことはないがフィリピン人以外にもロシア系の店なんかもあるらしい。

金と時間の無駄

会話を楽しむのがキャバクラと言っても、女性は大して場を盛り上げる努力をしない。

むしろ客が女性に気を使って会話をするケースが多いのである。

はっきりいって疲れる。

人見知りな人には苦痛以外の何者でもない。

なんで金払ってる側が気使わなきゃならんのか。

中にはよくできた愛想の良い人もいるが。

下心を持っても無駄

さらに男なら下心がまったくないこともないだろう。

あわよくば店外での関係も、なんてことも考えるかもしれない。

しかし金持ちかよほどのイケメン以外その期待は無駄である。

いくら通っても無駄である。

送られてくるメールやラインはすべて営業の一環なのだ。

昔いた先輩でキャバクラの女性に専用携帯を買い与えていた人もいたけどなにも進展はなかった。

感想まとめ

キャバクラに行くのはまったくもって無駄である。

なんの下心もなくただ女性の売り上げに貢献してあげたいと思える優しい金持ちはキャバクラもいいかもしれない。

でも普通はそんな余計なお金は持ってないから、キャバクラなんか行くぐらいなら家で本でも読んでた方が有意義だ。

それからキャバクラ以上の夜の遊び場など絶対に行ってはいけない。

行けば必ずトラブルが起きるぞ!

いろんなトラブルがね。

スポンサーリンク


広告
広告