6月から酒が値上げするぞ!今後も値上げ推進か?

こんにちは。禁酒中のフライ(@flyingfry)です。

酒が増税のターゲットにされている!

しかし酒はタバコのように定価が決まっていないから値上げされてもいくら値上げされたのかよくわからないのが現実。

僕は酒については値上げに賛成ではないが世間的には値上げもやむなしなのかなと思う。タバコもそうだが健康に悪い(とされる)嗜好品はどんどん値上げされる方向だからだ。

スポンサーリンク

酒税法改正でどうなるの?

酒類の公正な取引に関する基準を定める件では2017年(平成29年)6月1日以降次のような基準が設けられる。

(公正な取引の基準)
2 酒類業者は、次のいずれにも該当する行為を行ってはならないものとする。
(1) 正当な理由なく、酒類を当該酒類に係る売上原価の額と販売費及び一般管理費の額との合計額を下回る価格で継続して販売すること
(2)自己又は他の酒類業者の酒類事業に相当程度の影響を及ぼすおそれがある取引をすること

かかる経費を仕入原価に加えた金額以上の価格で販売しなければならないということだ。

これまでビールメーカーや卸業者からのリベートを原資として赤字価格で安売りをしてきたスーパーやディスカウントショップはそれができなくなる。

2017年5月までは6本1000円未満でセール商品として売られているビールもそれができなくなるということ。飲み放題などの居酒屋メニューにも影響が出るかもしれない。

朝日新聞のニュースによれば首都圏のスーパーでは6月に入ってからビール類が1~2割値上がりしたとのこと。

個人経営の酒屋を守る?

今回の法改正には個人経営の酒屋を守る意味もあるらしいがいまさら遅くない?個人の酒屋なんてもうだいたいつぶれちゃったかコンビニになってるでしょ。

僕個人の話をしても少なくともここ10年は個人経営の酒屋でビールを買ったことはない。ディスカウントかスーパーか通販である。

ディスカウント酒販のカクヤスなんてビール1本から配達するサービスがあるし個人店じゃ太刀打ちできないよね。

日本酒は個人経営の日本酒専門店みたいなのもあるけどやっぱり通販の方が便利。その通販を経営しているのは個人店なのかもしれないが。

酒規制も時代の流れ?

日本でも飲み放題の末の急性アルコール中毒などがたまにニュースになるし飲酒運転で事故を起こしたというニュースも定期的にある。

さらに2014年の世界保健機関(WHO)の報告では飲酒が原因で年間330万人が死亡しているとのこと。

このような状況ではビール以外にも酒全体に対する風当たりが強くなっても仕方がないし飲み放題もなくなる方向で進むのではないか。

アルコールはタバコ同様反社会的なものだと感じている人も少なからずいるから税金を上げやすいのは事実だろう。

原材料の種類ではなくアルコールの度数で値段が決まるようになれば安い焼酎を代わりにすることもできなくなるのだ。

感想まとめ

タバコは1箱1000円時代がもうそこまで来ているがビールも350mlが1000円が当たり前になる日が近いのかもしれない。1000円ぐらいなら飲む人は飲むだろうし。

お酒は大量に飲むと人を凶暴化させたりするなど飲み方によってはタバコよりもたちが悪い。たまには暴飲したい時もあるが今後も酒税が上がって実質的に規制強化の流れになるのだろう。

スポンサーリンク


広告
広告