ヤマトが値上げしてもおそらく現場はなにも変わらない件

ヤマト運輸が値上げの方向で動いているとのことだが、もしそれが実現したとしても現場の人間の負担は変わらなさそう。

アマゾンとの戦い

アマゾンの荷物(年間約2億5千万個)が増えすぎたことがヤマトに値上げを決断させた最大の要因だと思う。しかし普通に考えれば依頼量が増えればむしろ値下げすべきである。

それゆえアマゾンがヤマトの値上げを額面通り認める訳がないし、仮に値上げに成功してもヤマトのサービス(再配達、当日配送など)が現状通りなら現場の負担になんら変化はないだろう。

運送料値上げは経営陣としてはアマゾンという悪役から会社を守ったことになるが、ドライバーの負担軽減にとってはまったく役に立たない。

会社自体がなくなったら配達員も負担がどうの言ってられないからそれよりはマシかもしれないが、経営陣が現場のことをまったく考えていないと思われても仕方ない。

スポンサーリンク

ドライバーの現状は変わらない?

再配達の負担を軽減するIT投資や利用者が留守でも荷物を受け取れる「宅配ロッカー」の普及拡大を進める。
引用元:宅配便値上げ、正式決定=個人含め27年ぶり―ヤマト運輸

IT投資と宅配ロッカーの普及が迅速に進むことを願う。

しかし値上げしたからといって利用者の生活が変わるわけじゃないから、荷物が減るわけでもないし20時以降に再配達が多いことも変わらない。

もう夜勤までいかなくても遅番制を導入しないと現場の負担は減らないしサービス残業もなくならないと思う。あとはコンビニ受け取りや宅配ロッカーを至急拡大させる。

田舎はともかく都会の世帯など平日昼間に在宅してる方が少ないだろうから必然と夜の配達になる。なのに遅番制もないのでは長時間労働にならざるを得ない。僕もヤマトドライバー経験があるが朝7時前に出勤して特に遅番はいなかったと記憶している。

昼休みや忙しい夜の時間帯に直通電話を転送するなどしてドライバーの負担を軽減させると発表があった。

ドライバーの負担を軽減させるためにユーザーは不便を我慢する形になる。サービスの質を落とさず負担を軽減する方法はないのだろうか。

1万人採用計画

2017年5月3日のニュースでヤマトが2017年度に1万人を増員するとの発表があった。給与総額は前年度比160億円増える見込み。

忙しい営業所中心に人員が補充されれば2交代制も取れるかもしれない。しかし労働者不足の時代に本当にそれほど人が集められるのかどうかは疑問。

今まで1万人も足りない状態で仕事を回してたというのがすごい。発表するだけで絵に描いた餅にならないことを願う。

残業代の支払い

ちなみにこれまでの未払い残業代(過去2年分に限る)を支払うとヤマトは表明しているが、過去2年間分さかのぼってサービス残業をしてきたことを配達員が自ら証明しないと払われないらしい。

おそらく帰りのタイムカードを押してから仕事をやっていただろうにそんなこと証明できるのかね?

ヤマト「未払い残業代、支払います」 それでも社員に「失望感」のワケ
   宅配便最大手のヤマト運輸が2017年春闘で、宅配便の指定配達時間のうち、6月中をめどに「正午から午後2時」の時間帯をやめるほか、「午後8時から9時」の時間帯を見直し、「午後7時から9時」に変更すると、ヤマト運輸労働組合に正式に回答した。「...

ヤマトは過去二年分の残業代の支払いを開始したようだ。

他の従業員にも出勤日のことを思い出して赤ペンでタイムカードを修正してほしいと言っているそうだが2年分の出勤の状況など覚えている人がいようか?

従業員は1日2時間などで申告するようだが過去2年分のみの支払いという点が不服とのこと。2年分というのは労働基準法の規定。

<ヤマト運輸>未払い残業代支給 法定の過去2年分(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
宅配便最大手のヤマト運輸が配達員(ドライバー)の未払い残業代について、過去2年分 - Yahoo!ニュース(毎日新聞)

アマゾンはプライム料金を値上げ?

一方アマゾンは現在年額3900円のプライム料金を最終的にはアメリカ並(年額99ドル:約11000円)の1万円程度まで値上げすることが予想される。

もはやアマゾンプライムをやめられない中毒利用者も多いだろうから年間1万円程度ならそれほど影響ないだろう。

プライム会員数は明らかにされていないが会員向けの専売商品なども増やしてさらに会員獲得を目指し、将来的にはその資金で独自の配送網を整備するのではなかろうか。

「アマゾンは“自前配送”を進めようとするのではないか。事実、アメリカではUPSやFedExなどの大手宅配会社が料金を値上げし続けているため、アマゾンは州などの単位で営業する中小宅配便会社と専属契約を結ぶ自前配送に切り替え始めた」

引用元:ヤマトが大手メディアに独自リーク? アマゾンとの値上げ交渉の内幕とは

これだけ悪評が立ったアマゾンに協力する配送業者がどれだけいるかは未知数だが。

感想まとめ

ヤマトの値上げで現場ドライバーの給料が上がるわけではないし労働環境にもまったく影響しない(残業代が払われるようにはなるかも)。

ヤマト配送料、アマゾンプライム料金などが値上げされそれぞれのサービス利用者にしわ寄せが来る。

結局アマゾンとヤマト経営陣はどちらも損はしない。ヤマトは世論を味方につけまんまと値上げに成功、さらに多少サービスの質を落としても叩かれない世論を手に入れた。アマゾンは今まで楽勝すぎたのが値上げによって少しかゆい思いをする程度。

少しでもドライバーに同情するなら指定した時間には必ず家にいるようにしよう。利用者としてはこれぐらいしか協力できないだろう。

スポンサーリンク


広告
広告