営業もダメだったがツイッターとかSNSが苦手すぎる

僕はどちらかというと人付き合いが苦手で一人でいるのが好きなタイプなのだが、以前コンピュータ関連製品の営業をやっていたことがある。

つらかった飛び込み営業

主な客先は取引のある家電・PC系の量販店や商社だったが、最初は街中の雑居ビルや店舗への飛び込み営業をやらされた。しかし零細企業だから名刺を渡してもほとんど相手にされなかった。

そういう状況に置かれた場合、僕は発奮することなくどんどんやる気がなくなるタイプである。

新規飛び込みに意味があるとは思えなかった。会社への飛び込みなんて変な目で見られるのがオチだ。飛び込みって売り上げ的にはまったく期待できないのに、新人の度胸試しのつもりでやってるんだと思う。

いまでもある飛び込み営業

会社にいるとウォーターサーバや置き薬などの営業が来ることがあるが相手にされないのが普通(ヤクルトと保険のおばさんには皆優しいけど)。

いまどきは欲しかったらまずネットで探すから、ああいう飛び込み営業はますます意味がなくなってきた。

個人宅への訪問販売はもっと悲惨だと思う。証券会社、太陽光パネル、ケーブルテレビなんてお年寄りをだますぐらいしか契約とる道ないんじゃないの?もう売る方も買う方も不幸ではないか。訪問販売は早く絶滅してほしい。チラシを入れとけば興味がある人は連絡するでしょ(チラシも邪魔だが)。

そう思うと僕は個人宅への営業じゃなかっただけまだマシだったかもしれない。でも飛び込み営業やってるところは多かれ少なかれブラック企業で間違いない。

どちらにしろ僕はその後、自分に不向きな営業畑から足を洗った。営業って自分から積極的に人とからんでいくタイプの方が明らかに向いてる。喋り方からしてもう違うし。

ツイッターは荷が重過ぎる

ツイッターのアカウントはあるが少しだけ無言フォローしてからほとんどいじってない。無言フォローした方すみません許してください。

しかし気楽にネットやりたいのに挨拶してからフォローするのがマナーとか僕にはハードルが高すぎて無理(外国でもそうなの?)。

フォローされればこちらもするつもりだが、僕のようなどこの馬の骨ともわからない者をフォローする人はなかなかいない。ツイッターの使い方がよくわからない恐怖もあって自分から積極的に絡めないチキンです。

フォローしてるされてる関係じゃないとコメントできないとかいうルールも一部であるけどそんなルール必要なのかね。フォローの関係がない人にコメントする時はいちいち「FF外から失礼します」って断りを入れなければならないとか気持ち悪すぎる。村社会である。

現実社会じゃなくてネットなのだからフォロー無しでコメントしても別にいいじゃない。仲間同士じゃないとそういうの許せないタイプが多いのかな。知らない人との絡みが嫌ならフェイスブックだけやってればいいのではないか。

ツイッター以外も難しい

僕はフェイスブックは実名制が怖すぎてやってないし、ネトゲをやろうとしたこともあったけど始めたはいいが誰とも会話できずに引退した。

リアルでもネットでも自分から人に絡むのは得意ではない。どちらかというと酒の力でコミュニケーション能力不足を補っていたタイプ。でも酒は失敗することも多いから過信は危険(今は酒をやめた)。

ネトゲでもツイッターでも仲間を作れる人は本当に才能があると思う。どうやったらそうなれるのか教えて欲しいもんです。

スポンサーリンク


広告
広告