悲しいけどこれ、アドセンスから警告なのよね

Googleアドセンスポリシー違反の警告が来た!

はい、ひとつ悲しい出来事が起きました。

Googleからアドセンスに関してポリシーに準拠するよう修正していただく必要がありますという内容の警告メールが届いたのだ!

メール

今のところアカウントは有効になっているが、早く対処しないと凍結されてしまう。まさかこんな零細サイトに警告が来るとは驚きである(汗)

どのように対処するのか

メールの中にブログ記事のアドレスがひとつ書かれているがこれは「ポリシー違反が発生しているページの一例」なので、このページを削除してもおそらく問題は解決しない。

念のためアドセンスにログインしてメッセージを見てみるがなにもなし。

メッセージ画面

さらにメールは次のように続く。

メール

はい、そうですか。この文章を読んですぐにピンときました。

モバイル端末向けサイトでスクロールせずに見える範囲に 300×250 以上の大型広告ユニットが配置されているレイアウトが含まれます。

これだ!各記事のヘッダと記事本文の間にアドセンスがひとつ表示されるようになっていたのである。

これはiPhone7サイズだと、こんな風に表示される。

記事キャプチャ

最初から300×250の広告がでかでかと表示されてしまう。おそらくこれがダメなのだろう。僕はチキンなのでこの広告はすぐに削除した。

問題の広告を削除した分記事の中に広告を入れようとしたが、なんとなく怖いのでそれもしばらくやらないことにした。

対処したらその後どうする?

問題に対処した後はGoogleに連絡をしなくても良いとのことなので、言われた通りなにもしないつもりだった。しかし…

翌朝念のためアドセンスにログインしたらこっちにも警告通知が来ていた。昨夜作業中に確認した時には通知は来ていなかったのに。

警告通知

内容を見てみると次のように書かれていた。

警告通知

要約すると、プログラムポリシーの違反を3営業日以内に解決して、下記のフォームから連絡しないと広告配信停止になるとのこと。

3営業日って本当かな?もし同じ状況に陥ったら、3営業日といわずできる限り速やかに対処するのが望ましい。

それにしても最初のメールじゃ連絡しろなんて言ってなかったじゃん!でも連絡入れるのは簡単そうだから別にいいか。

そのフォームの中身はいたってシンプルでこんな感じ。僕は該当する広告を削除したので「広告を削除」にチェックを入れ送信。

警告通知フォーム

そうするとアドセンスの通知欄が「この問題は解決済みとマークされました」と変わる。ただしこっちが勝手に解決済み申請しているだけで、アドセンス側で今回の問題を解決済みにしてくれたという意味ではない。

解決済み

あとはGoogle側が問題解決の判断をしてくれることを祈るのみ。でも問題解決と判断しました、といった内容のメールがわざわざ送られてくることはないだろうな。お願いだからもう警告解除してくれ!

今後は注意されないように気をつけよう

今回はすぐに原因がわかった(と思う)が、もしほかにも問題があったとしたら具体的に教えてもらえないと対応は難しいかも。もうあてがないから。

最初のメールの方には猶予期間が何日かは書かれていなかったし、連絡もしなくて良いとあった。しかし油断せずにきちんとアドセンスにログインして通知をチェックしなければならない。

最近のアドセンスは新規登録の審査が厳しいらしいので、一度アカウントが凍結されたらもうおしまいぐらいに考えておいた方がいいだろう。猶予期間は3営業日とあったが、可能な限り素早い対応をした方が身のため。

でもGoogleって少し親切になったような気がする。昔のGoogleだったらこんな警告メールなんか無しで容赦なくアカウント凍結していたのではなかろうか。少なくとも具体的な指示をくれるなんてことはなかったと思う。あんまり欲を出さずに控えめに広告貼った方がよさそうだ。

警告メッセージが消えた!

追記:念のため今朝もアドセンスにログインしたら、警告メッセージが消えていた。広告は配信されているから、これはひょっとしてGoogleに許されたということなのか?もしそうなら本当に嬉しい。良かった良かった。

ついでに違反じゃなかった記事下とサイドバーの広告にも「スポンサーリンク」と「広告」って入れといた。あとプライバシーポリシーページも作成した。プライバシーポリシーなんて昔は要求されなかったと思うが、どうも今は必須らしいので。

当サイト(ザ・バズーカ)はアドセンスの審査がゆるい時代に承認をもらった上に、長い間特に問題がなかったから勘違いしていたけど、アドセンスって本当はハードルが高い広告手段なのかもしれない。きちんとルールを守って貼らないと大変なことになるんだね。



広告
広告

コメントを残す