魅力的な記事タイトルを作りたい時はホッテントリメーカー

ホッテントリメーカーとは何か

記事タイトルが決められない!

ブログを書いていて困ることのひとつに記事タイトル決めがある。人をひきつけるタイトルをつけたいが、僕のような凡人には簡単な作業ではない。

そこで人が読みたくなるような魅力的なタイトルを自動生成してくれるのが「ホッテントリメーカー」というサービスである。

はてブで数多くブクマされている人気記事をホッテントリ(Hot Entry)と言うが、そのホッテントリ入りを目指すようなタイトルを自動で作ってくれる。

ホッテントリメーカー
について人気が出そうなブログのエントリのタイトルを生成します。
スポンサーリンク

使い方はとても簡単

自分が気になっている単語を入力欄に入れると、記事タイトルの候補を5つづつ表示してくれる。

例えばスターウォーズと入れるとこんなタイトルが生成される。

ホッテントリメーカー

  • 我々は「スターウォーズ」に何を求めているのか
  • さっきマックで隣の女子高生がスターウォーズの話をしてたんだけど
  • なぜスターウォーズが楽しくなくなったのか
  • 奢るスターウォーズは久しからず
  • 日本人なら知っておくべきスターウォーズのこと

自分でつけるタイトルより、一体なにが書かれているのかと気になってくるタイトルだ。

気に入ったのがなければ「→スターウォーズについてもっとタイトルを作る←」を押すとタイトル候補が再度生成される。

タイトルと同時に推定はてブ数も表示される。残念ながら当ブログでは推定通りのはてブがついたことはない…

ちなみに当サイトでホッテントリメーカーを使って記事タイトルを決めたのは次の3つ。

そろそろ英語の発音について一言いっとくか
英語の発音はうまい方がかっこいい僕は以前アメリカに住んでいた。そして(ほぼ英語を忘れた)今でも英語の勉強をするのが好きだ。英語を喋るのに必要なのはまず第一に度胸だと思うが、僕が一番興味あるのは発音である。やはり英語を喋る人はいい発音を目指してほし...

悲しいけどこれ、アドセンスから警告なのよね
Googleアドセンスポリシー違反の警告が来た!はい、ひとつ悲しい出来事が起きました。Googleからアドセンスに関してポリシーに準拠するよう修正していただく必要がありますという内容の警告メールが届いたのだ!今のところアカウントは有効になっているが、早く対処...

カニに期待してる奴はアホ
殻付のカニは初心者には難しすぎる知人からカニをいただいた。冷凍で殻付のカニだ。どうやって食べていいかよくわからないから、とりあえずカニ鍋にしようと思い立ち鍋でカニを茹でた。カニなど食べたことがなかったのでどんなものかと楽しみだったが、それは一瞬で...

ホッテントリメーカーを使ってアクセスが増えたかどうかだが、正直言って特に増えなかった(笑)

でもワードプレスブログははてなブログに比べて露出が少ないから、そう簡単にブクマがつかなくても仕方ないだろう。まだまだ自分の努力不足であることは否めないが。

トラックバックを送ることもできる

各生成されたタイトルをクリックするとトラックバックのアドレスが表示されるので、ワードプレスだったら記事作成画面のトラックバック送信というところにそのアドレスを貼り付けて記事を公開すると送信される。

トラックバックを送信するとホッテントリメーカーサイトの右側に自分が書いた記事へのリンクが作成される。

ホッテントリメーカー良いとこ、悪いとこ

ブログを書いていると僕のような初心者はすぐにネタ切れを起こす。もう何も書くことがないよという感じで。

そういう時にホッテントリメーカーはいいかもしれない。気になった言葉を適当に入れてまずタイトルを作る。でも正直「こんなんで書けるか!」というのも多いのと、某掲示板の釣りスレみたいなのはあまり好きじゃない。

あとどんな言葉を入れても似たようなタイトルが生成されるのも若干の欠点かも。無限にパターンがあるプログラムなど作れないだろうから仕方ないが。

SEO的にはどうなのか

タイトルにはもっと検索されそうなキーワードを入れた方がいいというけれど、僕みたいな初心者はブログネタ探すのに必死でSEOまで考えて記事を書くことができない。

それに最近のGoogleはキーワードよりブログの内容を重視してランキングを決めているなんていう話が多いし。興味のあることで熱い記事を書くのがSEO対策になるのかなとも思う。まぁ弱小サイトが何を言おうが説得力はないのだが。

感想まとめ

おもしろいタイトルがつけられるのでブログ開始当初は使えるが、やはり利用は補助的なものにとどめて、自分でタイトルを考える力をつけなければならないと思う。

読みたくなる記事のタイトルはもちろん重要だが、やはり一番大事なのはブログの中身である。

スポンサーリンク


広告
広告