Filezillaで実行!サーバ上の削除できないファイルの削除方法

サーバ上に削除できないファイルを発見!

FTPクライアントのfilezillaを使って、サーバとワードプレス用のファイルのやり取りをしていたところ、もう使わないテーマを発見したので削除しようとした。なのだが、

削除できない!

何度やっても同じ。パーミッションがおかしいのかと思ったので、パーミッション変えようとしたがそれもできなかった。

まぁできなくてもいいか、とも思ったが

やっぱりイライラする!

調べてみると日本語名のファイルをアップロードしてしまうと、それが文字化けして削除できなくなることがあるらしい。

そう、今回のパターンもフォルダの中のひとつのファイルが削除できなかったのだ。しかも見れば見るほどファイル名が文字化けした元日本語っぽい。おそらく以前間違えてアップロードしてしまったファイルだろう。

スポンサーリンク

文字セットを変更して削除!

そこでいろいろ調べた結果、文字セットというのを日本語対応にすると削除できる場合があるらしい。

Filezillaの場合、下の画像の場所から設定を行う。

Filezillaの設定はここから

出てきた画面の文字セットというタブを選択。

まずはUTF-8を強制という項目を選んで接続しなおししてみる。それでだめなら、その下のカスタム文字セットを使用を選んで空白にshift_jisと入力

文字セット filezilla

今回はUTF-8は試したが削除できなかったので、カスタム文字セットを選んでFilezillaを接続しなおした。すると…

削除できた!

これまで削除できなかったファイル名文字化けファイルが日本語名で表示され、右クリックで削除を選ぶといとも簡単に削除できたのであった。

めでたし、めでたし。

みなさんもサーバ上のファイルが削除できない時は上記の方法を試してほしい。設定を元に戻すのも忘れないように。

不要に見えて実はシステムで使用しているファイルの可能性もあるので、確実に不要なファイルでなければ削除しない方が良いかもしれない。削除は慎重に。

スポンサーリンク


広告
広告