スターウォーズ反乱者たちで復活したダース・モールは今どうなっているのか

ネタバレあり

ディズニーXDで放送中の反乱者たちシーズン3が面白くなってきた。自分が好きなキャラクターであるダース・モールが出てきたのはなんともうれしいのだが、もはやファントムメナスの時の恐ろしいモールは一体どこに行ってしまったのかというぐらい、おせっかいやきのよく喋る人物になってしまった。ちなみに現在はダースという称号はなく、ただのモールである。

クローンウォーズ後のモールはどうなったのか

クローンウォーズの終盤にシディアスに捕まったモールはスパイア刑務所に収監されたが、マンダロアのデスウォッチに助けられ脱獄に成功。

その後グリーヴァスやドゥークーと戦い、さらにレックスやアソーカ・タノが率いるクローントルーパー軍とも戦ったが勝利できずに逃亡した。詳しくはこちらのリンクをどうぞ。

スポンサーリンク

モールは今どうなっているのか

モールは「反乱者たち」シーズン2の最終話でスターウォーズに復活した。マラコアのシステンプルでシスホロクロンを手に入れ損なったモールは、シーズン3第3話の「運命のホロクロン:The Holocrons of Fate」でゴーストを襲い、別の場所にいたケイナンとエズラにシスとジェダイのホロクロンを通信で要求。

ホロクロンを持って現れたエズラと共に、両ホロクロンを合わせて二人がそれぞれ抱えている疑問の答えを導きだそうとした。エズラは二つの太陽のある惑星というヒントを、モールは彼が生きているということを知る。彼というのはおそらくオビワンのこと。

その後第10話の「ヴィジョンと声:Visions and Voices」でもモールはエズラの前に現れアプレンティス(エズラのこと)と儀式をしたいと言っていた。ケイナンはモールがアプレンティスと言うたびにいらいらをつのらせる。この時の嬉しそうなモールを見てると、オビワンへの復讐などどうでもよくてただ弟子がほしいだけだろうと思ってしまう。

その後ダソミアへ向かうがナイトシスターもザブラクもすべて死滅している。モールは最後の生き残りだと言い、そこの祭壇でまた儀式が始まり改めて二つの太陽のことを知る。

この時エズラを追いかけてきたサビーヌとケイナンはナイトシスターの亡霊に体をのっとられる。そんな二人に追いかけられたモールとエズラは祭壇の外に逃げ、そこでまたモールはエズラに弟子になるよう説得する。もう本当に独身の男にお見合いをすすめる親戚のおじさんみたいに滑稽に見えてしまう。結局モールは断るエズラに、おまえには失望したと言ってどこかへ行ってしまう。

ゴーストメンバーとモールの今後

エズラとモールは二人ともオビワンを探し出すのが当面の目標になってしまった。今後モールとエズラはオビワンを探す先でまた出会い、これまで穏便だったモールと戦いになるかもしれない。モールはエズラをしつこくダークサイドに誘う役割も担うのではないかと予想する。

エピソード4新たなる希望ではオビワンは生きているがモールは出てこないので、今度こそモールの最後が近づいているだろう。反乱者たちシーズン3の今後放送される「Twin Suns」というエピソードで、エズラがモールを止めるために二つの太陽の惑星に向かうようなので、この回にオビワンとモールの対決があるだろう。エピソード1回分で終わってしまうようなのが若干寂しいが非常に楽しみである。ファントムメナスでは体を真っ二つにされても生き延びたモールだが、はたして今度はどうなるだろうか。

2017年3月10日公開の「Twin Suns」予告編

2017年3月18日公開の「Twin Suns」予告編

オビワンはエズラと会うのか?もし会うならモールとの決着がついた後はどうするのだろうか。オビワンはタトゥイーンに残って特に反乱軍には参加しないのか。一緒にスローンを倒しにいくのか。

モールは本当に復讐する気があるのか

それにしてもよく喋るモールを見てると、本当は復讐などどうでもよくてただ仲間や弟子が欲しいだけで、ケイナンに嫉妬している寂しがりやのように見える。エピソード1/ファントムメナスに出てきた孤高なダース・モールと同一人物とは思えない。あの頃のモールは強くて格好良かった。

本当にオビワンに復讐する気があるのか?モールはマンダロアでオビワンと勝負をつけるチャンスがあったのに、あえて戦わなかったことがある(詳しくはこちら)。今のモールを見てるとただ弟子をとって育てたいだけのようにも見える。

モールが復讐したい相手はオビワンというよりシディアスなのだと思う。もしナブーでオビワンに勝っていたとしても、結局ダース・ベイダーが出てきたらモールはお払い箱になっていただろうし。

本来自分がいたはずの立場にダース・ベイダーがいるのも気にいらないだろう。シディアスとベイダーといったシスに対する復讐心はオビワンに対するものよりも大きいだろうが、反乱者たちのモールは疲れた老人のように見える。クローンウォーズの時のように部隊を組織して銀河を支配しようという気概もない。

やはりモールはエズラ以外に誰か弟子を育てて、オビワンのことは忘れて二人でシディアスとベイダーを倒しに行くのがよいだろう。ケイナンやエズラと協力するのもいいし、なんならオビワンとルークも仲間にして。

ツインサンズあらすじ

【3月19日追記】この先に書くことは米国版ウーキーペディア「Twin Suns」エピソード説明文からの抜粋です。日本国内未公開エピソードのネタバレを含んでいます。

エズラはゴーストで就寝中にオビワンのホロクロンメッセージに気付く。オビワンは生きており、彼を殺そうとモールが探していることを確信。オビワンを助けにタトゥイーンに行くと主張。

ヘラの反対を押し切ってエズラはRZ-1Tでチョッパーと共にタトゥイーンに向かう。到着後タスケンレーダーに襲われRZ-1Tを破壊される。

エズラは砂漠をさまよい気を失ってしまうがオビワンに助けられる。モールのことを警告しにきた、シスを滅ぼす鍵がオビワンだとホロクロンが示しているとエズラ。

そこへモールが現れる。オビワンはエズラに立ち去るよう告げる。モールはオビワンを殺しに来たと告げる、さらに誰かを守っているのかとオビワンに問いかける。

双方ライトセーバーを起動させ斬り合いが始まるが勝負は一瞬で終わる。モールはオビワンに斬られライトセーバーは真っ二つになった。モールは倒れ、オビワンが守っているのが選ばれし者(chosen one)なのかと訊く。オビワンはそうだと答えたが、これは選ばれし者がアナキンではなくルークだということを示唆している。そして息を引き取る。

エズラはモールの船で基地に戻り、もうモールに会うことはないと皆に伝える。

モールはオビワンに復讐を果たそうとして返り討ちにあい死亡。本当に復讐したい相手はおそらくシディアスだったと思うが、制作側もそこまではストーリーを発展させることなく、結局オビワンと対決してモールは物語から退場となった。

モールが登場すると話が盛り上がった印象がある。まさかもう復活はないだろうがエズラをダークサイドに誘う役割などこれまでよく頑張ってくれた。国内の放送が待ち遠しい。

しかしタトゥイーンまで追ってくるぐらい恨みをつのらせていたなら、なぜクローンウォーズのマンダロアで決着をつけるチャンスがあった時にデュエルしなかったのかと思わずにはいられない。

YouTubeのRebels Recon #3.20: Inside Twin Suns| Star Wars Rebelsの中で少しだけ映像を見ることができる。

このツイートの映像にオビワンとモールのデュエルシーンが映ります。

スポンサーリンク


広告
広告