アソーカには尋問官になってほしい

スターウォーズ反乱者たちにアソーカが登場した。登場時は反乱軍(レベル)に情報をもたらす顔のわからない情報屋フルクラムとしてだったが、シーズン1の最終話でその正体を明かしてからはエズラ、ケイナンと頻繁に行動を共にするようになった。

しかしシーズン2の最終話でケイナン、エズラと共にマラコアへ赴き、そこでダース・ベイダーとのライトセイバー戦になり、戦っている途中でケイナンとエズラがシャトルで離脱、アソーカとベイダーの戦いは決着がつかず、ベイダーは戦場だったテンプルが崩壊する中を脱出、アソーカはおそらくいったん脱出したが、またテンプルの中へ入っていくという終わり方をした。

ダース・ベイダーの正体は周知の通り、アソーカの元マスターのアナキン・スカイウォーカーである。

マラコアの戦いでベイダーはアソーカに、ジェダイ狩りに協力するなら皇帝が慈悲を見せるだろうと言った。アソーカはジェダイはもういないと断ったが、戦いの途中でベイダーのマスクが一部破損し、直接顔を見て昔のアナキンを感じ動揺した。

アソーカは(おそらくダークサイドから助け出したいという意味で)今度はあなたを置いていかないと言ったが、ベイダーはならば死ぬしかないと答える。しかし二人は崩壊するテンプルを脱出、アソーカはもう一度テンプルへ入っていったが、二人がセイバー戦からどのように別れて脱出したのかは映像の中では説明されなかった。

スポンサーリンク

アソーカはなぜテンプルへ入っていったのか

別々に歩いているということは、ベイダーとアソーカは戦いの途中でテンプルを抜け出したわけだが、マスクの奥から顔を見せるアナキンがアソーカをわざと逃がしたとか。

戦いの前にジェダイ狩りに協力するなら助けると言っていたし、シーズン2オープニングスペシャルの「ロザルに立ちこめる暗雲」の最後でダース・ベイダーがシディアスに、アナキンのアプレンティスを発見したと言った時、オビワンを含む他のジェダイにつながる鍵になる的なことを言っていたと思うので、帝国は元からアソーカを殺すつもりがなかったのかもしれない。

クローンウォーズではアソーカは殺人や爆破事件の犯人という濡れ衣を着せられかけたことが原因でジェダイオーダーから去ることになったのだから、ジェダイに対して悪い印象もあるだろう。

その時アソーカの言い分を最後まで信じてくれたのはアナキンだけだった。アソーカは自分はジェダイではないということをたびたび強調することもあり、本当に慕っているのはジェダイではなくアナキン個人だとしたら、ジェダイに加担したくないと思っていても不思議ではない。

アソーカは白いライトセーバーを使っているが、これは英語版ウーキーペディアによるとジェダイにもシスにも加担していない中立な立場を象徴しているとのこと。だがそうは言っても反乱軍はシスが支配する帝国に敵対しているし、シスを倒すと言っているジェダイのケイナンとエズラが反乱軍にいる以上ジェダイに加担していると言える。その立場を本人は心の底から納得していないのかもしれない。

いつでも自分を信じてくれたアナキン個人から誘われればダークサイドに堕ちることもあるだろう。マラコアの戦いでベイダーがアソーカをわざと逃がしたとする、それが元マスターの温情によるものだとしたら、アソーカは反乱軍の活動に自分が加担することに疑問を感じ始めるかもしれない。アナキンを置いていかないと言ってまた置いてきてしまった後悔もあるだろう。システンプルに入っていったことはこの心変わりを表現しているものではないか。アソーカがダークサイドに堕ちるなら、その心の変化は2週か3週を使ってしっかり描いてほしい。

その後、オビワン探し担当の尋問官としてケイナンとエズラの前に現れたびたび戦いになり、無事エピソード4に登場しなくて済むように、最後は二人に負けて逃げるなり死ぬなりしてほしい。ケイナンとエズラ自身もエピソード4にいない理由が必要だが。

シーズン3のヴィランはアソーカがいい

シーズン2で尋問官が皆やられてしまったので、シーズン3の悪役は誰になるのだろう。スローン大提督は事務方だろうから現場の戦闘要員が必要だ。新しいヴィランが出てくるのだろうか。それがアソーカだったらどんなにおもしろいか。ついでにバリス・オフィーも尋問官として出てきたらなお良い。モールは帝国の一員ではないので、もはやヴィランとは扱いが違う気がする。

などと勝手な妄想を書いてみたが、アソーカは基本的に反乱者たちではなくクローンウォーズのキャラなのでこのまま退場となる可能性もある。シーズンいくつまであるのかはわからないが、Youtubeの予告を見ても、今後は主人公であるゴーストチームの活躍に焦点をあてて制作されていくのだろう。だがクローンウォーズでアソーカが退場した時も、もうこれでアソーカは見納めだと思ったら、反乱者たちに出てきたのでまだ希望は捨てていない。反乱者たちがクローンウォーズと同じシーズン5まで作られるなら、こういう話をする時間も取れるのではないか。

追記:アソーカとモール

【ネタバレあり】ウーキーペディアを見る限りではアソーカは行方不明のままシーズン3には結局登場しない。そして2017年4月15日のスターウォーズセレブレーションで反乱者たちはシーズン4で終了することが発表された。

その際エギュゼクティブ・プロデューサーのデーブ・フィローニが「Ahsoka Lives!」(アソーカは生きている!)と書かれたTシャツを着ていたことから、シーズン4か最悪でも別のアニメシリーズでのなんらかの復活が予想される。

ダース・モールはエピソード「Twin Suns」でのオビワンとの直接対決に破れて死んだ。個人的にはエズラをダークサイドへともっと引き入れてほしかったが、クローンウォーズ時代から話を盛り上げるのに十分活躍したのでもう復活はないだろう。

中立の白いライトセーバーを持ってほしいキャラ

ちなみに白いライトセーバーを使う中立キャラといえば、シスに見放された、ジェダイでもないアサージ・ヴェントレスがいいと思う。中立な賞金稼ぎ兼情報屋として、白いライトセーバーを二刀流で持って登場してほしい。状況からするとモールも対象になるが、顔が悪役すぎるからやはり心情的には彼はシス扱いなので無理だろう。

ついでに書くが英語版ウーキーペディアによると、アソーカはこの白いレーザーを発するカイバークリスタルを尋問官から奪ったらしい。アソーカが倒したシックススブラザーのカイバークリスタルを回収し、元々は赤いレーザーだったが浄化(purify)することによって白いレーザーを発するようになったとのこと。ライトセーバーやカイバークリスタル(アデガンクリスタル)についてはこちらの記事を参照。

スポンサーリンク

おすすめプロダクトを見る



広告
広告